キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

高級マグロの代用品となるか?マンダイってどんな魚?

ノンカテゴリ

高級マグロの代用品となるか?マンダイってどんな魚?
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

マンダイ(万鯛)とは「アカマンボウ」

水族館にいるおっとりしたマンボウとは違います

マグロの食文化


マグロは縄文時代から食べられていたそうです。
宮城県気仙沼市の波怒棄館(はぬきだて)遺跡で、
縄文時代の貝塚から大量のマグロの背骨が出土しました。

武士が活躍した時代は「カツオ(勝魚)」がゲンを担いで好まれました。
その頃マグロは「シビ」と呼ばれており、「死日」とも読めることから
縁起が悪いと嫌われました。
また、保存技術もなかったため味が悪く安価で売られていました。


江戸時代に醤油が普及すると、醤油漬けのマグロの赤身が登場します。
「ヅケ」と呼ばれていましたが、相変わらず安い魚として扱われました。

大衆魚から高級魚へ


戦後、日本人の食生活は大きく変化しました。
GHQの指導で欧米風の食生活になり、
濃い味付けの牛肉などを好むようになります。
高度成長期からバブル時代、洋食への憧れが憧れではなくなります。
その過程のなかで、マグロのトロに人気が集まり次第に高騰していきました。

マグロの漁獲量制限


マグロが高級になるにつれ、マグロ漁船も増えていきます。
太平洋のクロマグロに関する国際会議では、世界一の消費国日本への
国際圧力が強くなっています。
太平洋クロマグロの幼魚が減少しており、資源環境保護の観点で
漁獲量が厳しく規制される見込みです。


このような背景があるにも関わらず、日本人のマグロ好きは収まる事がありません。
そこで登場するのが「万鯛(マンダイ)」です。


マンダイの正式名称は「アカマンボウ」
なかなか味もよく、色味もマグロに似ているので
切り身やネギトロ状態にしてしまえばマグロでないとは全く気づきません。
実際、回転寿司店ではマグロの代用品としてマンダイを使っているところもあるそうですよ。
近頃、スーパーでも「まんだい」の切り身を見かけるようになりました。


なにしろ安い!味も良い!
高級魚のマグロに手が届かなくなった今、
マンダイが日本人の食卓を救う日が来ましたよ!

さぁ、日本の魚食文化をもっと楽しみましょうね~

マンダイ、バンザイwww



マンダイもビットコインで買う時代へ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法