世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

ヒガンバナの本来の役目、そこに咲く理由とは?

ノンカテゴリ

ヒガンバナの本来の役目、そこに咲く理由とは?
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

埼玉県巾着田・500万本のヒガンバナ


ちょうどお彼岸に合わせて咲く「ヒガンバナ」。
なんとなくババクサイと思っているのは私だけではないと思います。

この花はどこから来たのか?
調べてみたらいろいろと興味深かったのでご紹介します。

ヒガンバナは中国揚子江近辺が原産地


日本への渡来説には、「海流に乗って漂着した」というもの、
「200万年前に陸続きだった時代からある」という説などがありますが、
実際は、「人為的にもたらされた」というのが有力です。

ヒガンバナが古文書に登場するのは室町時代以降。
鎌倉時代に飢饉対策として持ち込まれたのであろうと推測されています。
米が不作の際のデンプンの確保としての役目があったそうです。

江戸時代になるとサツマイモにその役目を奪われ、
今ではヒガンバナの球根が食用だったという事は知られていません。


ヒガンバナの球根

ヒガンバナの毒


ヒガンバナの球根にはアルカロイドという神経毒が含まれていますが、
この毒は水に溶けます。
流水に晒したあとには、良質なデンプンが得られました。

アルカロイドは外用使用すれば薬草となります。
球根をすりつぶしたものを土ふまず貼ると
肩こりやむくみに効果があるそうです。

ヒガンバナとお寺


ヒガンバナはお寺の布教と共に全国へ広まりました

昔は亡くなった人を火葬せずに土葬していました。
お寺ではヒガンバナをお墓に植えて、ネズミやモグラの防虫をしたのです。

私がヒガンバナをババクサイと思う理由は、おそらくこれでしょう。
お墓とセットのイメージがとても強いからです。

ヒガンバナの防虫としての役割

ヒガンバナは田んぼの脇にも多く植えられました。
理由はお墓と同じで、稲を害虫から守るためです。

また、その強い防虫作用の球根を土に交ぜ、住宅の土壁に用いました。

実用オンリーの悲しき役目


人々の営みに欠かせなかったヒガンバナですが、
「鑑賞を楽しんだ」という古文書は残されていないようです。

もっぱら防虫としての役割を果たしてきました。


現在、ヒガンバナの群生地として有名なのは、
埼玉県日高市巾着田の「曼珠沙華の里」。

都心からも近く、期間中はイベントもありますので、
「巾着田曼珠沙華まつり」に出かけてみるのはいかがでしょうか?


ヒガンバナを楽しめるのはわずか1週間程度。
本来の役目を終えなおも毎年咲き続け、私たちの目を楽しませてくれます。



ポチポチポチと楽チン記事作成♪
登録もランニングコストも0円↓↓↓

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法