憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

神事「棚機(たなばた)」が夢の国でも始まった!?

ノンカテゴリ

神事「棚機(たなばた)」が夢の国でも始まった!?
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

ディズニーでも始まりました!七夕グリーティング

七夕の由来ってなに?


「織姫さまと彦星さまは仕事をしないで遊んでばかりいたので、
神様が怒って天の川の両岸に離れ離れにし、
年に一度7月7日に会う事が許されました。」


というお話は子供の頃に教わりました。
天の川を挟んで両側に織姫と彦星の星座がありますよね。

七夕の由来は「棚機(たなばた)」

「棚機女」と呼ばれた選ばれし乙女たち

清らかな水辺の機屋にこもり、神様のための着物を織るのが役目です。
この時に使われたのが、「棚機(たなばた)」という織り機でした。


この行事はお盆を迎える準備として、7月7日の夜に行われました。
やがて「棚機(たなばた)」を「七夕(たなばた)」と当て字が使われるようになりました。
この行事が現在の七夕の由来の一つと言われています。

乞巧奠(きこうでん)


古代中国では7月7日に乞巧奠(きこうでん)という行事がありました。
「機織りや裁縫が上手になるように」とお祈りするのです。
庭先に祭壇を建て、針などの裁縫道具を供えて星に祈ります。
奈良時代に日本に伝わったとされています。

やがて裁縫だけでなく琴や書道などの芸事の上達も願うようになりました。

神聖な笹竹

笹竹は根強く、繁殖力が高いうえ、風や雪、寒暖に強い植物です。
その生命力は古代から神事に使われ、神聖なものとして扱われました。

「♪笹の葉さ~らさら~」という音は「神様を招く」音だそうですよ!

ですから、七夕の飾りや願いは笹竹に吊るすのです。

七夕かざりの意味


子供の頃、折り紙を切ったり貼ったりして飾りを作りました。
実はそのかざりにもひとつづつ意味があったんです。

衣・・・女の子の裁縫が上手になりますように

投網・・・豊漁

吹き流し・・・機織の糸。機織が上達するように


巾着・・・お金が貯まるように
屑籠・・・ものを粗末にしない
千羽鶴・・・家族の長生き
などもあります。

七夕は雨が多い?

「梅雨の最中ですから仕方ないですね。」
といったら元も子もないです。

「織姫が彦星と会えた嬉し涙」という説。

「二人が会うと疫病が流行る」といった言い伝えの為、
その地方で雨乞いをした結果。という説もあります。

晴れて天の川を見上げるか、
織姫のうれし涙を受け止めるか、
どちらにしてもロマンティックですよね~。


いかがでしたか?
今年はぜひあなたのお家にも七夕を飾ってみてはいかがでしょうか?

あなたのロマンスはビットコインが叶えます!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法